実施要項

第11回全養協日本語教師検定 実施要項

※新規ウインドウで開きます | 印刷 |

 

名称

第11回全養協日本語教師検定

試験日

2016(平成28)年2月21日(日) ※試験実施月が変わりました。

試験時間

10:00~13:00 (20分間の休憩を含む) 

申込期間

2015(平成27)年12月1日(火)~2016(平成28年)1月29日(金)

※受検料のお振込も、申込最終日までにお済ませください。

試験会場

(予定)

札幌、仙台、東京、横浜、静岡、名古屋、大阪、岡山、福岡、沖縄

試験会場の確定は受験票の発送をもってお知らせしますので、事前の会場所在地・
会場名等に関する質問には答えいたしかねます。

※加盟機関の団体申込でお申込された方は、申込先の会場で受検することができます。

受検料

6,000円

受検資格

どなたでも受検できます。

目的

内外の日本語教育に携わる者やその志望者を対象として、日本語教育の現場に直接
かかわる実践的知識及び能力を測ることにより、日本語教育実践者の質的向上を目指し、
日本語教師としての意欲と自覚を促し、以って日本語教育全体のレベルアップに貢献
することを目的とします。

≫推薦の言葉はこちら

試験の水準

内外の日本語教育の現場において日本語を的確に教えるために直接必要とされる
実践的な知識・能力を測るものです。

測定項目

  • 専門的能力
  • 指導能力
  • 学習者への対応能力
  • フィードバック能力
  • パフォーマンス能力
  • 自己育成能力

≫測定項目の詳細はこちら

試験形式

上記測定項目を、以下の2つの試験形式により測定します。

試験Ⅰ

(90分)

教育現場で求められる、日本語のルール、教授法、授業展開等に
関する専門的な知識を中心に問う客観テスト。
(マークシート選択式問題)

試験Ⅱ

(70分)

初級並びに中上級レベルの教室活動をビデオで視聴し、教授活動等に
かかわる問題点を記述されることにより、実践的教授技術能力を問う
主観テスト(記述式問題)。

≫試験Ⅰについて

≫試験Ⅱについて

 

≫準拠問題集「日本語教師の実践力」はこちら
 ※当協議会オンラインショップでのご購入の場合、送料がかかります。
  Amazonでのご購入の場合、「通常配送」の送料は無料です。

≫過去問題を取り上げた全養協公開イベント実施報告書はこちら
  ※当協議会オンラインショップでのお取り扱いのみになります。
・第10回全養協フォーラム
・第1回全養協セミナー
・第2回全養協セミナー
・第13回公開講座

合格基準

合 格

(総合得点60%以上)

A判定

80%以上

B判定

70~79%

C判定

60~69%

不合格

D判定

60%未満

申込方法

インターネット申込、郵便局(申込書)、FAX申込、団体申込

≫各お申込方法の詳細はこちら

 

 

禁止事項

次に該当する行為をした者は、その場で退室。

答案の採点はせず、今後の受検も認めません。


・試験中に援助を与えること、または受けること。

・他の人の代わりに受検すること。

・試験官の指示に従わないこと。

・携帯電話・PHS等を使用すること。
 (試験中、携帯電話・PHSを時計代わりに使用することはできません。)

・録音機、カメラ、辞書等を使用すること。

・その他の不正行為。


・試験中は、一旦退室した場合、再入室は認めません。

・試験Ⅰは、遅刻による開始30分以降の入室は認めません。

・試験Ⅱは、遅刻は一切認めません。

・問題用紙、解答用紙、受検票は、全て回収します。試験会場からの持ち出しは固く禁じます。

・答案・結果に関する個別のお問合せにはお答えできません。


 

個人情報の取扱について

 

当検定のお申込によって取得した個人情報は、

当該試験の実施、受検者の円滑な受検、試験結果の送付、受検者の受検履歴の管理等、当該試験の目的行為に必要な範囲内で使用されます。

申込者本人の同意なしに第三者に開示することはありません。

(法令等により開示を求められた場合を除く。)