留学生等への入国制限が続いておりましたが、
2020年10月1日から原則として全ての国・地域からの外国人留学生を含む中長期在留者について、
順次、新規入国が認められることとなりました。

但し、これまで入国の際に求められていた下記の防疫措置は原則として引き続き求められます。
①出国前PCR等検査(入国拒否対象地域のみ)
②入国後PCR等検査(入国拒否対象地域のみ)
③入国後14日間の自宅等待機
④公共交通機関不使用
※空港からの移動手段として利用可能なハイヤーや空港周辺の宿泊施設は、厚生労働省HPからご確認いただけます。

入国制限緩和と共に、日本語教師の活躍する場面も再び増えていくものと思います。
留学生だけではなく外国人就労者への日本語教育も増えていくことが今後は見込まれており、
皆さまの活躍を後押しできますよう、私どもも尽力してまいります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【9月25日新型コロナウイルス感染症対策本部における決定(概要)】
▶感染状況の落ち着いている国・地域との間で開始している「レジデンストラック」(※1)について、10 月1日から、ビジネス上必要な人材等に加え、順次、留学、家族滞在等のその他の在留資格も対象とし、新規入国を許可する。
※1「国際的な人の往来再開に向けた段階的措置」(第38 回新型コロナウイルス感染症対策本部(令和2年6月18日))に関し、
現行の水際措置を維持した上で、追加的な防疫措置を確約できる受入企業・団体がいることを条件とする仕組みのうち、入国後14 日間の待機は維持するもの。
タイ、ベトナム、カンボジア、台湾、マレーシア、ミャンマー、ラオス、シンガポール、ブルネイの9か国・地域との間で運用を開始又は開始に合意。
豪州、ニュージーランド、韓国、中国、香港、マカオ、モンゴルの7か国・地域との間で交渉中。
⇒措置の具体的な内容については、相手国との協議・調整によって決められていますので、それぞれの国によって、必要な手続き・書類等が異なる場合があります。詳しくは、外務省HPをご覧ください。

▶さらに、10月1日から、原則として全ての国・地域の上記と同様の対象者について、順次、新規入国を許可。
防疫措置を確約できる受入企業・団体がいることを条件とする(※2)。ただし、入国者数は限定的な範囲に留める。
※2 出国前検査証明(入国拒否対象地域のみ)、入国後14 日間の自宅等待機・公共交通機関不使用等の防疫措置について、受入企業・団体が誓約書を通じて確約する。
⇒具体的な手続きについて、現時点で外務省HP上では公開されていません。

▶これまでの新型コロナウイルス感染症対策本部において当分の間実施することとした航空機の到着空港の限定の措置については、各空港における入国時の検査能力の確保等の状況を踏まえ順次緩和を検討することとし、当該緩和は、検査能力の確保等の条件が整った空港から実施することとする。

※詳細は、下記リンクをご参照ください。
○首相官邸・新型コロナウイルス感染症対策本部ホームページ:https://www.kantei.go.jp/jp/singi/novel_coronavirus/taisaku_honbu.html

○外務省ホームページ: https://www.mofa.go.jp/mofaj/
→「国際的な人の往来の再開に向けた段階的措置について」をご覧ください。
・レジデンストラックの手続きについて:https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/regitra0918.pdf 
・よくあるご質問:https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/QA0918.pdf 

<関連ホームページ>
○厚生労働省HP「水際対策の抜本的強化に関するQ&A」:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19_qa_kanrenkigyou_00001.html
○外務省海外安全ホームページ:https://www.anzen.mofa.go.jp/
○基準を満たすハイヤー会社またはハイヤーを調達できる旅行会社の紹介:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/newpage_00020.html 
○成田空港周辺宿泊施設:https://www.nrtk.jp/stay/accommodation/index.html 
○羽田空港周辺宿泊施設:https://tokyo-haneda.com/service/facilities/hotel/area.html 
○中部国際空港周辺宿泊施設:https://www.centrair.jp/service/hotel.html 

【担当連絡先】
(本邦入国時の空港での入国審査に関するお問合わせ)
法務省出入国在留管理庁 出入国管理部 審判課
電話:03-3580-4111(内線4446・4447)

(本邦入国のための査証関連の手続きに関するお問合わせ)
外務省 領事局 政策課
電話:03-3580-3311(内線5367)
外務省 領事局 外国人課(査証関連)
電話:03-3580-3311(内線3066)

(各種防疫措置(健康フォローアップ、空港検疫における検査、公共交通機関不使用、接触確認アプリ、地図アプリを通じた位置情報の保存等)に関するお問合わせ)
厚生労働省 医薬・生活衛生局 生活衛生・食品安全企画課 検疫所業務管理室
電話:03-5253-1111(内線2468)

(航空便についてのお問合せ)
国土交通省 航空局 危機管理室
電話:03-5253-8700

(その他、日本人学生の海外留学・外国人留学生に関する対応について)
文部科学省高等教育局学生・留学生課留学生交流室政策調査係
代表:03-5253-4111(内線:3360、3433)
MAIL: ryu-anzen@mext.go.jp