全養協では、より広い視点から⽇本語教育・⽇本語教師について考え、
「⽇本語教師の実践⼒」を⾝につける機会にしていただきたく毎年公開講座を開催しております。

第18回全養協公開講座
「日本語教育推進法と“公認日本語教師”~国内外でさらに広がる日本語教育の可能性~」
日時:2020年2月1日(土)13:30~16:30(13:00開場)
会場:東京富士大学 二上講堂(東京・高田馬場)
参加費:¥2,000(資料代)※後日、公開講座報告書をお送りいたします。

今年度の公開イベントは、2020年2月1日に、第18回全養協公開講座「日本語教育推進法と“公認日本語教師”~国内外でさらに広がる日本語教育の可能性~」と銘打ち開催することになりました。

日本語教育推進法の成立、文化審議会国語分科会における「公認日本語教師」の議論の展開、と、今年も大きな動きに直面している日本語教育。国内外で日本語学習者が増加し、多様化し続ける中、日本語教師の養成・研修も専門性が細分化され、活動分野別に実践力のある日本語教師が求められています。
「公認日本語教師」の議論の状況や日本語教育推進法と新設された日本語教育推進会議、同関係者会議の議論の状況、海外の日本語教育の動き等を踏まえ、今後の日本語教育の可能性を再確認し、裾野を広げる場を設けたいと考えております。

詳細、お申込みはコチラをご覧ください。

日本語教育に携わっている方だけでなく、日本語教育にご関心のある方であればどなたでもご参加いただけます。より多くの方にご参加いただき、日本語教育・日本語教師について知っていただければ幸いに存じます。